畳を張り替えるタイミング!五月晴れのすがすがしい季節に交換

Menu

取りにきてもらえる

ウーマン

素人では無理な作業

障子の張替えは専用紙とノリがあれば、素人でも簡単におこなえるため、自分でやってしまってもかまわないでしょう。しかし、同じ和室の必需品ともいえる畳は、素人が張替えをするのは不可能だといっても過言ではありません。張替えるための素材の調達や、道具の購入などを考えると、DIYよりも業者にやってもらったほうがお得でしょう。畳を張替えてくれるお店はたくさんあるため、そちらに新しくして欲しいものを持ち込めばよいです。しかし、運搬用のトラックがなければ持ち込むことはとても難しいので、ほとんどの方は自宅まで引き取りにきてくれる業者を利用することになります。引き取りに対応したところの電話番号は、ネットや広告などで見つけられるので、張替えを相談しましょう。もちろん、作業を始める前に、畳の張替えの費用を調べるための見積もりをしてくれますので、金額を知った上で引き取りにきてもらえます。なお、引き取りにきてくれる業者の中には、午前中に畳を持っていってくれて、午後の間にはきちんと張替えをした上で戻してくれるところもあります。普段利用している部屋の畳を張替えて欲しいのなら、敷いていない時間が少なければ少ないほどよいはずなので、その日のうちに終わらせてくれる業者を使ったほうがよいでしょう。ただし、畳の枚数が多ければ対応しきれないかもしれませんので、見積もりをしてもらうときに、何日で作業が終了するのか確認したほうが間違いないです。