畳を張り替えるタイミング!五月晴れのすがすがしい季節に交換

Menu

定期的に張替する

メンズ

複数業者から見積り

畳は、定期的に張替えをしないとその効果は薄れてきてしまいます。タイミングとしては、表面の草がササクれたり隙間が空いてきた、黒く汚れてきている、洗濯物などを置くとい草が付着する、弾力性がなくなってきたら目安となります。張替えをするとってもその方法は3種類あります。新調、表替え、裏返しです。新調とは、畳床も含めて全てを新しいものにすることです。表替えは、床はそのままにして表面だけ新調します。裏返しは、新調せずに裏を返して未使用の面を表に持ってくることをいいます。目安としては、新調は7〜8年、表替えは3〜5年、裏返しは2〜3年といわれています。畳張替えを依頼する業者の選び方ですが、費用の安さを求めるなら畳専門店のホームページで料金形態が表示されていますので、比較をすることができます。さらに安くしようと思ったら、国産ではなく海外産のものを選ぶことができます。ただし、国産にこだわりたいという方は国産の畳で張替え費用が安い業者を探していくことになります。かかる費用は、張替え作業以外にも配達にかかる費用、家具などを移動させる費用などがかかります。家具の移動に関しては無料で行ってくれる業者もあるのですが、ピアノの移動に関しては別途費用がかかることが大半です。ちょっと動かしただけでも音が狂ってしまう繊細な楽器ですから費用が高くなります。見積りは無料で行ってくれますので、複数の業者から見積もりをもらって作業内容照らし合わせながら比較をします。