畳を張り替えるタイミング!五月晴れのすがすがしい季節に交換

Menu

畳

長く使用していくなら

畳は長く使用すれば傷んでくるので、手入れをする必要があります。畳の手入れには裏返しや表替え、張替えなどがありますが、どれも専門的な知識や技術が必要なので、きちんと資格や実績のある業者にお願いすることが大切です。

詳しく見る

天気の良い5月に

和室

乾燥していれば冬でも

年末年始にやるイメージが強い畳の張替えですが、多忙なシーズンに実行するよりも、空いている季節にやったほうがいいでしょう。一般的にやったほうがいい季節として挙げられているのが、地域によりますが5月の梅雨前で、カラット晴れた日です。早ければ4月が終わるころには梅雨入りする地域もある為、梅雨入り前で天候が良い日であれば、それほどこだわる必要はありません。なぜ梅雨前の晴れた日に畳の張替えを実行したらいいのか、その理由として挙げられているのは、天候と湿気です。天候が良い日に交換をしたほうがカビ対策になる事と、5月の梅雨前であればカラッと晴れた日が多いことが挙げられます。梅雨の手前には五月晴れと呼ばれるほど、天気が良く湿気の少ない日々が多いこともあって、畳の張替えに最適です。天候の変化に敏感に対応できる素材であるからこそ、天気が良く、湿気の少ない季節や天候を見て交換しましょう。冬に乾燥していることが多い地域なら、年末年始を避けた冬でも問題はありませんが、天候の流れを確認して依頼してください。雪が多い地域であれば冬に交換することは難しいといわれている為、五月晴れと呼ばれる季節に交換をしたほうがいいでしょう。畳は張替えてから5年ごとに表替えを行い、10年で交換をしたほうがいいものといわれている為、こまめに畳屋に様子を見てもらってください。定期的に適切な手入れをすることによって、より長い間使い続けられるのが、畳のもっとも良い所といわれています。

ウーマン

取りにきてもらえる

畳の張替えは素人では難しいため、業者に頼む必要がありますが、お店に持ち込む方法と引き取りにきてもらう方法があります。トラックでもなければ持ち込むことは難しいのでは、引き取りにきてもらえる業者を探したほうがよいでしょう。

詳しく見る

作業員

定期的なメンテナンスを

畳というのは長期間使い続けていると調湿性が落ちたり虫よけの効果が損なわれたりしてしまうため、定期的なメンテナンスが大切です。そのために行われる張替えですが、出来る限り専門業者に依頼することで安心して任せることが出来ます。その際の費用は諸経費によりますが、3万円〜7万円程度が相場とされています。

詳しく見る

メンズ

定期的に張替する

畳張替えは、定期的に行います。新調、表替え、裏返しの手法がありそれぞれで張替えタイミングが異なります。業者は、安い業者を選ぶなら海外産の畳を選べるところです。こだわりたい方は国産畳で安い業者を探します。

詳しく見る

畳

さまざま効果

畳には、湿気を吸収したり放出、空気中の二酸化窒素を吸着、い草の独特の香りには気分をリラックスさせる、弾力性などの効果があります。しかし、長年畳を使っているとその効果も段々と薄れていきますので、定期的に張替えを行います。

詳しく見る